本社:ドライバー 後藤仁
本社:ドライバー 後藤仁

サービス接客業からの転職。負けず嫌いはデジタコで100点獲得

本社:ドライバー 後藤仁
本社:ドライバー 後藤仁
―前職は何でしたか?
北見市でサービス接客業を12~13年勤めていました。
―三和物流のドライバーになったきっかけは?
トラックドライバーの兄にあこがれていて、実はずっとドライバーになりたかったんです。住み慣れた北見から札幌に移住するのも特に不安はなかったです。
―異業種からの転職に不安はなかったですか?
先輩たちが重量物を軽々と持ち運びするのを見て、自分にできるだろうか…と心配でした。最初は当然きつかったですが、半年くらいで慣れました。納品先の担当さんと気さくに話ができるのは、長年勤めた接客業のスキルが活かせていると思います。異業種からの転職は誰でも不安はあると思いますが、やってみたら意外とできます。何も心配ないです。
―どんな時にやりがいや楽しさを感じますか?
人とのつながりにやりがいを感じます。またデジタルタコグラフは、事故などのトラブル防止に役立ちますが、点数が出るのが励みにもなっています。負けず嫌いなので、低い点数のままではイヤで、どうすれば点数が上がるのか考えながら運転して、100点を獲得した時はうれしかったです。
―三和物流のドライバーになってよかったと思うことはどんな時ですか?
雪に埋まってトラックが出られなくなった時に、お客さんが押して助けてくれたことがあるのですが、人のあたたかさを実感しました。また、運転技術や配達ルートなど、先輩たちは仕事でわからないことは必ず教えてくれます。これは自信を持って言えますが、会社の雰囲気はとてもアットホーム!仕事は市内便でほぼ時間が決まっているので、だいたい定時には帰ることができます。小さい子どもがいるので、子どもと遊ぶ時間も十分にあります。今持っている免許は2tまでしか乗れないので、会社の免許取得制度を利用して大きいトラックにも乗れるようになりたいです。